家事と育児とライフハックと。

家事と育児と通勤に追われております。平日6時間寝たいです。

Apple、10月30日にスペシャルイベント!MacBookの新作出るかしら?

Appleが10月30日にスペシャルイベントを行うようです。

 

本命は薄型ベゼル・ホームボタン無しのiPad Proや新型ApplePencilのようですが、私は何はともあれMacBookもしくはMacBookAirに期待!

 

もう待ちきれずMacBookProでも止むなしか、でも25万円…(´・ω・`)

という思考が脳内で何度も繰り返されています。

 

あと、昨年発表以来無かったことにされている?AirPowerの続報にも期待。

 

9月に注文したApple Watchもようやく出荷されたようだし!

f:id:dora_kichi:20181019074519j:image注文からほぼ1ヶ月、ようやく届くようです。

 

E11ミニハロゲン球型LED電球を買ったのを機に照明器具の省エネに情熱を費やした日々を思い出した

自宅のキッチンの照明器具の電球はE11型で元々60wミニハロゲン球が付いていました。

でも放射熱が半端なく熱いし、電力消費も多いのでE11→E17型ソケットをかませてE17型の電球型蛍光灯を使用していました。

今回照明が点かなくなったのを期にミニハロゲン球型LED電球にしてみました。

これです。

 

 

明るくて昔に比べてだいぶ安くなったLED電球。

今の部屋に引っ越してきた当初、電球を交換するのに四苦八苦したことを思い出しました。

 

住み始めてから発覚した照明器具面倒くさい問題!

我が家は分譲型マンションの一部屋が貸しに出ていたのを借りています。

建築当初の間取りから大家さんがリフォームしているようなのですが、照明器具が天井から直付けになっていて交換できません。

 

入居した当初は照明器具を用意しなくて良いんだー、程度にしか思っていませんでした。

しかし、よくよく確認してみると上記の通り器具が交換できない、しかも電球がミニクリプトン球やミニハロゲン球など、電球型蛍光灯がないものばかりだったのです!

 

内訳としては以下の通りでした。

  • リビング:60wミニクリプトン球×3→180w
  • ダイニング:60wミニハロゲン球×1→60w
  • キッチン:60wミニハロゲン球×1→60w
  • 廊下:60wダイクロハロゲン球×2→120w
  • トイレ・脱衣所・玄関:60wミニクリプトン球×各1→180w
  • 寝室:60w電球×5→300w

これは結構電気喰うんじゃ…?

電気代も心配ですが、ブレーカー落ちも心配になりました。

この他に流しやレンジフードの照明もありますし、電子レンジや炊飯器等の調理器具、食洗機や季節によってはエアコンなどの電力消費の大きな家電はたくさんあります。

ちなみに1LDKデス。寝室は普通にE26型の電球だったので、速攻で電球型蛍光灯に変えました(うち1つは調光できるものだったので除く)。

 

安価に交換できるものもあり。

廊下はダイクロハロゲン球というらしいスポットライトなどで使うタイプのものが使われていました。

これは蛍光灯で代替するものは見当たりませんでした。

でも当時既にLED電球が量販店でも安価に販売していたので、それに替えました。

  • 約800円×2個

 

トイレと玄関は多少暗くても良いやと割り切って40w相当の電球型蛍光灯に変更。

  • 約700円×2個

 

脱衣所は当初、普通に60w相当の電球型蛍光灯に変えました。

しかし蛍光灯特有の最初ちょっと暗くて段々明るくなるというのが気になってしましました。

仕方なくちょっと高かったものの、最初から明るい蛍光灯に買い替え。

これは最初電力消費量を増やしているのか最初の1分くらいすると一瞬暗くなるような感じ(切り替えているような感じ?)があります。

  • 1,000円くらい?忘れました。

 

 

問題はリビング。

リビングの照明器具といえば、丸い輪っか型の蛍光灯しか知りませんでした。

小さいミニクリプトン球やハロゲン球など初めて見ました。

E17型やE11型の小さい口金も初めて知りました。

口金についてはこちらがわかりやすいです。

電球の口金サイズの種類、測り方を徹底解説。電球買いに行く前にチェックすべし! | Only1 Press

 

リビングの照明器具は傘?覆い?を被せるものでした。

当初、こちらも電球型蛍光灯にしようとしました。しかし、電球型蛍光灯では大きすぎてしまい、その傘?が被せられなくなってしまいました。

つまり、小さいものが必要でした。まあ今考えればだからミニクリプトン球なんでしょうが…。

しかしリビングはおそらく一番使用時間が長い照明器具。

こいつを省エネ化しないと電気代が心配…。

 

当時はまだLED電球も出始めで選択肢があまりありませんでした。

まだ広い範囲に明るく照射させる技術が確立していなかったのか、大手メーカーのものは60w相当品の電球型LEDはなかったと思います。

 

仕方ないのでGoogle先生に日々問いかけました。

もはやリビングの省エネ化が手段ではなく目的になっていました…。

 

その甲斐あってか、何とかミニクリプトン球よりは大きいものの、傘?は被せられるものが見つかりました。

この製品は調光にも対応している優れものでした。

ただ、やはり当時の品なので照明の真下は明るいのですが、部屋の端の方はちょっと暗かったです。

 

たしか1つ3,500円ほど。

寝室の調光対応のものも併せて買ったので4つで15,000円近く…。

普通に蛍光灯のシーリング買えるじゃん…。

まあ、長く使えば元も取れよう…と考えました。

 

ラスボスはミニハロゲン球

そしてキッチンとダイニングのミニハロゲン球。

これは当時、LED電球を探しても見つかりませんでした。

仕方なく省エネ化を諦め、しばらくはそのまま使っていました。

しかしこのミニハロゲン球、明るいんですが放射熱が酷い。

引っ越してきた当初は冬だったのでさほど気になりませんでしたが、夏場は暑くて(熱くて?)仕方ない。

ダイクロハロゲン型のLED電球を試してみましたが、こいつは広い範囲を明るくするのが苦手でスポット的にしか明るくない…。

またGoogle先生に問いかける日々が始まりました。

 

その結果、見つけたのが冒頭で出てきたE11の口金をE17に変更するソケットです。

これを間に噛ませて電球型蛍光灯にしました。

キッチンは傘がまた当たりましたが、傘を外して解決しました。

何とかガマンできるほどは明るさはあります。

長い戦いは終わりました…。

 

 

ドンドン良くなりますね

今はLED電球も一般化して、小型のものも多くなり、価格も手頃になりました。

Amazon楽天で検索すれば多くの商品がヒットするようになりました。

何でもそうですが、適当なものを探して格闘していた日々は笑い話になりました。

 

でも最適解を探して試行錯誤を繰り返すのも、楽しいものですね。

この情熱を仕事にも活用できれば良いのですが…。

 

それではまた!

 

ようやくMacBookの新型出るかしら?でもProの方が良いかしら?

しばらくMacBookAir)の新型の発表を待っております。

MacBook(Air?)新製品に期待 - 家事と育児とライフハックと。

 

ここにきてまた噂サイトが賑やかになってきたようですね。

 

さあいよいよ発表されるのでしょうか。

iPad Proもフルモデルチェンジありそうで、そちらもかなり気になりますが…。

とはいえiPadは昨年無印モデルを購入したので見てるだけ、です。

 

MacBookの新型について検索していたらこんな記事も見つかりました。

みんな考えることは同じですね。

 

でも最近またひとつ悩みが。

先日、娘の初めての運動会がありました。

で、ビデオカメラを購入したのです。

これまではデジカメとiPhoneで写真や動画を撮影してきましたが、運動会だとちょっと望遠が足りなさすぎだろう、ということで購入です。

活発に動くようになったので、静止画では追いかけきれないというのもあります。

 

運動会の方は、無事にまあ撮影はできたのですが、ふと思いつきました。

今後、撮影した動画を編集することはあるだろうか??

あまりその辺にはこだわらない夫婦ですが、もし動画を編集するようになるとMacBookもしくはMacBook Airで不満なく作業ができるだろうか…?

でも、Proを買ってもあまり使わなければ宝の持ち腐れだし…(以下堂々めぐり)。

 

しばらくはまだ悩める日々が続きそうです…。

 

 

それではまた!

2019年の手帳選び その5 使って試してみる

先日Amazonで安く買った今年の手帳、早速使っています。

 

最初に使ってみたのは、フランクリンプランナーオーガナイザーウィークリー(長い)。

フランクリン・プランナー「7つの習慣」ビジネス・ウィークリー A5サイズ〈2019.01〉|オンライン・ショップ|フランクリン・プランナー・ジャパン

有名な自己啓発本、「7つの習慣」の考え方を取り入れた手帳です。

正式には「フランクリン・プランナー オーガナイザー 7つの習慣ビジネス・ウィークリー」となるようです。更に長い。

 

フランクリンプランナーオーガナイザーウィークリーの構成は

  • 7つの習慣概説集
  • フランクリンプランニングシステム
  • 月間ブロック
  • 週間バーチカル
  • 月間プロジェクト

となっています。

 

使用してみた感想としては、その名の通り7つの習慣が実践しやすい、ということに尽きます。

7つの習慣の概要版やミッションステートメント等は、7つの習慣を実践したい人・習慣づけたい人には最適です。

 

週間ページはバーチカル式のスケジュール管理2ページに加え、タスク管理のページが2ページあります。

タスク管理ページは役割のバランスをとるための「一週間コンパス」、緊急ではなく重要なことを実行するための「時間管理のマトリックス」を活用できます。

これで毎週しっかりと一週間の予定やタスクを組み立てていけば、確かに豊かな人生が歩めそう!です。

罫線の幅も狭すぎず、紙もしっかりしています。

万年筆での記入もしやすく、裏抜けもしません。

裏写りと言うほどではありませんが、裏側に文字が書いてあるのはわかります。

この程度なら私は全然気になりはしません。

 

ただ、コンテンツが豊富な分、厚みと重さもなかなかのものとなっているのが玉にきずです。

 

f:id:dora_kichi:20181006010747j:image

表紙:カバーのないものも販売しているようです。

 

f:id:dora_kichi:20181006010743j:image

常に7つの習慣を実践できますね…。

f:id:dora_kichi:20181006010752j:image

 

2019年の手帳選びその4 今年のを4種類買って試す

来年の手帳選び、とりあえずいろいろ買って試してみることにしました。

 

試してみる、といっても手帳はなかなか良い値段がします。

色々あるし、手当たり次第買うわけにもいきません。

 

候補を5つに絞りました

とりあえず、候補を上げてみました。

それがこちら

  1. ジブン手帳biz
  2. フランクリンプランナーオーガナイザー ウィークリー
  3. フランクリンプランナーブックレット
  4. ほぼ日手帳weeks
  5. ブラウニー手帳

です。

 

ジブン手帳フランクリンプランナーオーガナイザーは週間バーチカル、ほぼ日weeksは週間レフト、ブラウニー手帳は基本バーチカルだけど向きを変えても使える、フランクリンプランナーブックレットは1日2ページタイプ、となります。

 

ジブン手帳は2014年に使っていました。

結構カラフルな色使いでしたがbizはその名の通り仕事で使っても違和感のない色使いです。

フランクリンプランナー2種類は最近「7つの習慣」を読み返した事もあり、興味を持ちました。

ほぼ日はタスクリストの管理を考慮して、レフトタイプも使ってみたいな、という事で。

ブラウニーは使用したことはないのですが、縦にも横にも使える、という自由度の高さに以前から興味を持っていました。

しかし、月間カレンダー部がブロックタイプではなく、バーチャートタイプなのが気になって購入には至りませんでした。

 

今年のものがお買い得

調べていたら、Amazonで結構今年のものが安く売っていました。

そこで今年のものはすでに売っていなかったブラウニー手帳以外をAmazonで買ってみました。

ほぼ日weeks以外半額以下です!

とはいえ、ほぼ日weeksは4月始まりなのでまだ半年使えるのですが。

f:id:dora_kichi:20181002072057j:image

順次使ってみて使用感から来年使用する手帳を決めたいと思います。

 

あと、おまけでiPhoneアプリのWeekly Compassというのも購入しました。

これはフランクリンプランナーのアプリ版です。

iPhone上では「Planner」と表記されます。

f:id:dora_kichi:20181002165529j:image

 

まだまだ続きます。

それではまた!

2019年の手帳選び その3 色々買って試してみることに

手帳選びについて書こうと思っていたのに、思いの外これまでの遍歴が長くなってしまいました。 

 

タスクシュートを使わなくなってきてしまった…。

去年から今年前半にかけて、

  • タスク管理+仕事のメモ→タスクシュート
  • スケジュール管理→手帳+グループウェア

という住み分けができていたのですが、6月くらいからとてもタスクシュートの入力が面倒になり、サボりがちになってしまいました。

とにかく、割り込みの仕事が多くなり、記録を取ってる暇があったら目の前の仕事をこなさないと!

とバタバタした日が続いたのです。

慣れでこなすルーチン的な作業と、次々と割り込んでくるこまごまとした作業ですっかりペースが乱れてしまいました…。

 

8月くらいになるとバタバタ感は落ち着きましたが、どうにもタスクシュートが億劫になってしまったのです。

タスクシュートではその日やる作業(タスク)をすべて書き出し、それぞれの作業にかかる見積時間を入力すると作業の完了時間がわかります。

そして上から順にタスクをこないしていく、という流れです。

毎日(もしくは定期的に)繰り返すタスクは繰り返し設定が行えるので、同じタスクを入力する手間は省かれます。

それでもよくも悪くもタスクシュートはExcelベースのアプリのため、どうも使い勝手が悪いところがあります。

あと、ちょっと動きが重いときがあるんですよね。

職場の超高性能!パソコンにはちょっと荷が重いのではないかと思ってます。

 

メモ取りもしなくなってきちゃった

と、そんなこんなでタスクシュートはあまり使わなくなってしまったのです。

それに伴い、タスクシュートを使い始めた事によってやらなくなってしまったノートや手帳へのメモ取りを再開できれば良かったのですが、そう都合良くもいかずメモ取り自体が減ってしまいました。

 

私の記憶力がバッチリで、なんでも覚えていられれば特に問題はないのですが、もちろんそんなことはありません。

タスクシュートを再開しようともしたのですが、どうも全ての作業を記録するのはどうも面倒なので、ノート・手帳の利用と併用も視野に入れながらタスクシュートも活用していこうかと思っています。

 

記録する習慣は取り戻さねば

タスクシュートでの記録は手間ですが、デジタルでの記録の最大のメリットは検索性です。

ノートでも検索性を高める技は色々ありますが、データが多くなるほどデジタルの利便性が際立ってきます。

事実、半年前の打ち合わせの内容について「言った」「言わない」の言い合いになった時にもタスクシュートのメモからこちらの言い分が通ったこともあります。

この時は詳しい打ち合わせ内容は手帳にかいてありましたが、概要はタスクシュートのログの検索から探しました。

社内で突発的に起きた身内同士の打ち合わせのつもりだったのでカレンダーには記載しておらず、最初に手帳のメモを探したら日付がわからず焦りました。

こんなメリットがあり、使った方が良いと思うんですが、それでも面倒!と思う部分があるとまた続かないと思うので、手帳を併用しサポートしようと思っているわけです。

 

今年も手帳選び

ではどれにするか。

ほぼ日カズンを使っていたのは、1日1ページあればメモスペースは概ね足りるからでした。

ただ、やはりアイツは重い…。

 

  • 最近はメモをほとんど取らない日もあれば、2ページ分使う日もある…。
  • 卓上カレンダーにもなるダイアリーはやはり便利。
  • 手帳に求めるのは、タスクシュートと共にタスク管理のしやすさ…かな?

などと考えた結果、

  1. 卓上カレンダーにもなるダイアリーで大まかなスケジュール管理
  2. メモ帳でメモ
  3. 週間手帳でタスク管理

をしてみよう、ととりあえず結論づけました。

 

1と2は今使っているものがそのまま使えます。

3はそれらに更に加えることになります。

いつもならここでしばらく悩むところですが、今回は「とりあえずいろいろ買って試してみる!」ことにしました。

 

ここらでまた続きます。

それではまた!

Apple Watch series4発注しましたよ

発注したぞ!

気がついたらもう発売日を迎えてきたApple Watch series4。

発表前から購入しよう!と思っていたのですが、series3より数千円値上がりしていたので、ちょっと予約注文をためらっていました。

 

改めてAppleのサイトをのぞいてみると、入荷予定は10月の後半!

初のモデルチェンジは、私も活用したいと思っていたヘルスケア機能の向上が高評価されているようだったので、意を決して発注しました。

f:id:dora_kichi:20180926071850j:image

お高いのはちょっと手が出ない

注文したのは42mmのシルバーアルミニウムケースとシーシェルスポーツループのもの。

まあシルバーで一番安いのです。

ベルトはそのうちAmazonで評判が良さそうなものを買ってみようと思います。

 

Apple純正のベルトの質が良さそうなのですが、やはりちょっとお高い。

革のベルトなんて、私愛用のアウトレットで購入した時計と同じくらいするではありませんか!

Watch本体でさえ、少し前のiPhone本体と同じくらいする額なのに、ちょっと手が出ないですね…。

f:id:dora_kichi:20180926072055j:image

「お届け予定日: 2018/10/21 - 2018/10/28」とのこと。

ちょっと待つくらいの方が、ワクワクが続いて良いかな?

楽しみです。

 

今年はMacも買い換えなくちゃいけないんだけどな。

ボーナス大丈夫かな…。

 

それではまた!